過度のストレスや加齢、親の遺伝、抗がん剤の使用などによる脱毛症によって失われてしまった頭部の一部分、
または全体の毛を補うためにかつらは使用される。
かつらのデメリットとして、かつら一つの値段が高額であることが上げられる。約50万円から100万程度が相場である。
自分の頭部にフィットするようなかつらを作らなければいけないため、大体全てが受注生産になるためである。
かつら生産は労働集約的産業であり、製造費のうち人件費が比較的大きな割合を占めるため、現在ではほとんどの
かつらは中国など途上国で生産されている。
また、夏場や梅雨時、雨が降るような湿気の多い日などはかつらを着用していると頭部が極端に蒸れるという現象に
見舞われることもある。こういう現象に見舞われた場合、一度かつらをその場で外すなどし、頭部の汗や汗で濡れた
かつらなどをハンカチなどで拭かなければ、頭部に痒みをもたらすなど一定のダメージを与え、またかつらの品質自体
も低下させるおそれが生じる。これが自分にとって重要な人(上司や交渉先のお偉いさん)と面会していたり、
通勤通学中などのかつらを外すことの出来ない、または難しいと思われる状況に起きる可能性を十分に考慮しなければ
ならない。こんな状況に陥った場合、トイレなどに駆け込む必要があるため、これもかつらが倦厭される理由である。
このような目的で用いられるかつらは一種の恥部として捉えられる「ハゲ」を隠すために用いられるもの、という印象が強く、
かつらを使っていることは隠すべきこと、という意識が着用者・非着用者を問わず強い。
少しかつらが後ろ・横にずれることがあっても、その着用者は気づかない場合がある。ある相手と話していたりする場合、
相手の人間はその人との人間関係を損ないたくないという気持ちが働き、そのことには触れないが、返って人間関係を
ぎくしゃくさせてしまう可能性がある。
テレビの暴露番組や、その他のバラエティ番組で「あの芸能人はかつらを被っている」などの話のネタとして「かつら」
が持ち出されることもある。またタモリといったタレントは、自分がかつらを被っているタレントではないかという噂を
逆に利用して、話のネタとして利用している場合もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

冷え性 ネイルアート プラセンタ注射 腸内洗浄 セルライト除去 精力剤 ハイドロキノン アートメイク 南アフリカランド